株式会社第一パック サイトマップ
お問い合わせ
会社概要
事業所案内
商品案内
段ボール
板紙
木材
物流資材
デジタル印刷
段ボール製災害用品
紙屋之兜
豆知識
環境への取組み
仕事紹介
採用情報
お問い合わせ
   ホーム > 商品案内 > 豆知識
  


 段ボール・板紙についての豆知識をご紹介します。

・段ボールの各部名称    ・板紙の種類
・段ボールの種類    ・板紙の規格寸法
・ライナの違い    
・フルートの種類    







段ボールの各部名称


両面段ボールで説明しますと、ライナとは平らな状態に貼られている上下の二枚の紙の事で、中しんは、波形(フルート・段)を形成している紙の事です。

ライナは通常茶褐色の耐水性の低いものですが、それでは対処できない目的の段ボールには特殊ライナを使用します。
代表的なものとして、『耐水ライナ(多湿状態で輸送可能)』『撥水ライナ(小雨を弾く程度)』『白、色ライナ(色付)』などがあります。

 ▲上へ










段ボールの種類





段ボール箱の材料に最も多く使用されているのは両面段ボールで、次が複両面段ボールです。
複々両面段ボールは強度に優れている為、大型の重量物の包装に使用されます。
片面段ボールは、他の段ボールとは違い、ものを巻く事ができるので、保護材・緩衝材としても使用されます。

▲上へ








ライナの違い

 ライナ名 用途  主原料名からの呼称 
 外装用ライナ 外装用段ボール箱・
付属品等 
クラフトライナ(Kライナ)
ジュートライナ(Jライナ/Cライナ) 
 内装用ライナ 内装用段ボール箱・
付属・仕切等
 ジュートライナ(Jライナ/Cライナ)


Kライナはクラフトパルプを原料として抄いたもので強度があり、Jライナは古紙を原料として抄いたライナです。   

アメリカでは、Kライナはクラフトパルプを80%以上配合したものとしていましたが、近年では廃棄物問題も有り、古紙を20%以上配合しているものも多です。 日本では、クラフトパルプを10%程使用したものをKライナと言います。   

▲上へ







フルートの種類

段の種類 略号 30cmあたりの段数 段の高さ(mm) 見本
Aフルート AF 約34±2 約4.5〜4.8
Bフルート BF 約50±2 約2.5〜2.8
Cフルート CF 約40±2 約3.5〜3.8
Eフルート EF 約93±5 約1.1〜1.4
Fフルート FF 約120 約0.75
Gフルート GF 約175 約0.5

複両面段ボールはAFとBFを貼り合せてあり、Wフルート又はABフルートと呼ばれています。

▲上へ







板紙の種類

板紙(Paperboard)とは、「坪量(1uの紙の質量)」が100g/u以上、もしくは厚さ0.3o以上 の厚紙の総称であり、段ボール原紙(材料の紙)も板紙に含まれます。 
 
板紙は『段ボール原紙』『紙器用板紙』『建材用紙』『その他の板紙(紙管原紙・ワンプ・台紙・芯紙など)』に分けられます。『紙器用板紙』は次のように分類がされています。






マニラボール(塗工・非塗工) 白ボール(塗工・非塗工)
表面がさらしパルプ、中層・裏層はパルプ又は古紙から出来ているものです。
カード類、美術本、絵本等の厚手の印刷物や医薬品、冷凍食品等の個装用並びに液体食品用、化粧品等、美粧性の高い箱の打ち抜きの小型印刷箱に用います。 
表面がさらしパルプ、中層、裏層は古紙から出来ているものです。
マニラボールに比べると一般に厚手で、普通何らかの印刷をして、食料品などの折畳み箱に用います。
非塗工品は印刷しないで加工される場合も多くあります。

▲上へ







板紙の規格寸法

板紙の寸法と取引単位は、寸法がcm、連量がkg、坪量がg/uです。
また、板紙100枚を一連と言います。



規格 寸法 面積
K判 64cm×94cm (94cm×64cm) 0.602u
L判 80cm×110cm (110cm×80cm) 0.88u
M判 73cm×100cm (100cm×73cm) 0.73u

 ▲上へ






お問い合わせ
トップページへ戻る 株式会社第一パック トップ 会社概要 事業所案内 商品案内 環境への取組み 仕事紹介 採用情報 サイトマップ 下メニュー